ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

薬剤部

薬剤部の紹介

 国立病院機構水戸医療センター薬剤部は、患者さんの目線に立って、安心・安全で質の高い医療を多職種が連携して提供するとともに、地域での信頼を高めることに積極的に取り組んでいます。
 薬剤部の主な業務は、調剤業務、注射後有無、抗がん薬無菌調製業務、製剤業務、薬剤管理指導業務、多職種で取り組む外来業務やチーム医療(感染管理チーム、栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、褥瘡チーム)であり、地域医療に貢献できるよう努めています。

調剤業務

 平成9年10月から国の方針により、外来患者さんのお薬は全面的に院外処方となり、一部の患者さん(院内製剤や治験薬を含む処方)を除き、院外の保険薬局でお薬を受け取っていただくようになりました。安心・安全な薬物療法を受けられるよう保険薬局と日々連携をしています。平成28年3月に電子カルテが導入され、医師・看護師をはじめ多職種とスムーズな情報共有を図れるようになり、オーダリングシステムと合わせてより効率的な業務を行えるようになりました。医師の同意のもとに、医薬品に関する説明等を行い、患者さんが安心して薬物治療を受けられるよう日々研鑽を積んでいます。

photo

photo

注射業務
photo  

 医師の注射処方箋に基づき、複数の薬剤師で医薬品の投与方法や投与量、投与速度、配合変化等を十分に確認し病棟や外来へ払い出しています。また当院ではアンプルピッカー(注射薬自動払出システム)により、効率的に医薬品の取り揃えを行っています。

 

 

 

抗がん薬無菌調製業務
photo  

 外来治療センターや病棟で投与される抗がん薬については、薬剤師が安全キャビネット内で無菌的に調製しています。また医師による調製確定指示後には、薬剤師も採血結果を確認し、安全に治療ができるよう支援しています。

 

 

製剤業務
photo  

 臨床現場でのニーズに応じて、手術・検査・治療で使用する医薬品を薬の専門家として医療の質を高めるべく薬剤師が院内製剤として調製している業務の一つです。
例:薬剤アレルギー検査のパッチテスト、硝子体手術時の内境界膜の染色液 等

 

 

医薬品情報業務

 医薬品が適正に使用されるように、医薬品に関する副作用や相互作用などの様々な情報を収集・整理して、医師・看護師などの医療スタッフに情報を提供しています。また、製薬会社から医薬品の供給状況に関する情報を収集し、患者さんに必要な医薬品を提供できるよう努めています。

photo

photo

薬剤管理指導業務

 当院では救命救急センターを含むすべての病棟に専任の薬剤師を配置しています。患者さんが入院した際は薬剤師が持参薬の鑑別を行い、入院中に開始となった医薬品の説明や薬効評価、副作用確認等行い、患者さんの適正な薬物療法に関わっています。

術前外来業務

 安全に手術が実施できるように、術前から術後の様々なリスクを察知して適切に対応することが重要です。当院では2018年より術前外来を開設し、薬剤師の問診による患者情報収集、それを基にした麻酔科医師による診察および麻酔方法の決定、手術室看護師による手術当日の説明等を入院前に行い、入院後の患者さんの負担や不安を軽減させるとともに、周術期のリスク回避に努めています。

チーム医療

(1)感染管理チーム(ICT)・抗菌薬適正使用支援チーム(AST)
 当院では薬剤師が中心となり抗菌薬の管理を行い、適正使用推進に努めています。ASTラウンドは週1回行っており、多職種と連携し抗菌薬の使用について病棟担当薬剤師や医師へ情報提供しています。また診療科別に抗菌薬の使用推移のデータを抽出し、毎月動向をモニタリングしています。ICT活動は手指衛生のレクチャーや携帯用アルコール消毒の集計を薬剤部内でも行っています。

(2)栄養サポートチーム(NST)
 週2回の栄養状態や嚥下機能の改善について、チームとして多職種カンファレンスや回診を行っています。薬剤師は主に医薬品の粉砕や簡易懸濁の可否について、薬剤の特徴を踏まえて情報提供を行っています。

(3)緩和ケアチーム(PCT)
 週1回の多職種カンファレンスおよび回診を行っています。薬剤師は医療用麻薬を中心とした医薬品の適正使用に努めて、チームに情報提供するとともに、病棟担当薬剤師と連携をとって薬物療法をサポートしています。

(4)褥瘡チーム
 安静状態が長く続くと、お尻やかかとの皮膚に褥瘡(=床ずれ)が出来ることがあります。褥瘡対策チームでは、多職種で構成されそれぞれの専門性を活かして活動しています。薬剤師は、褥瘡に対して薬剤の適性や使用方法を情報提供し治療効果の向上に努めています。

保険調剤薬局の皆様へ

 当院では、外来患者さんのお薬については、原則として院外処方箋を発行しています。院外処方箋に処方できる薬は、薬剤委員会で承認された薬のみとなっております。ご理解の上、処方箋に従って調剤をお願いいたします。
保険調剤薬局からの疑義照会については、
薬剤部FAX029-240-7798
へお願いします。処方医に確認後、電話にてお返事いたします。

*NEW

吸入指導 報告書
 喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使用される吸入薬は、正確で安全な吸入方法を
取得することで、有効な治療効果が得られます。
 当院では、保険薬局と連携して、正しい吸入療法を支援する取り組みの一環として、吸入
指導の報告書を保健薬局より受領しています。 以下の貢から「吸入指導 報告書」をダウン
ロード可能です。ご活用ください。
pdfファイル吸入指導 報告書
wordファイル吸入指導 報告書
報告書は、当院「地域医療連携センター」まで FAX にて 029-240-7795 へ提出をお願
いいたします。

MRの方へ
  • 薬剤部長との面会は、業務の都合上、月曜日~金曜日の15:30~17:15の間にお願いいたします。(会議等で不在の場合もありますので、事前にご連絡いただければ確実です。)
  • 医薬品情報の提供につきましても、原則として、上記時間帯に薬剤部長が承ります。
  • 薬剤部への出入りは、業務用出入口を使用してください。
  • なお、緊急の連絡等で上記以外の時間に面会する必要がある場合は、お薬窓口でその旨を部員にお伝えください。
  • 医師との面談等について
    当院では、医師との面談は、原則として、外来棟3階の「面談コーナー」で行うこととしております。
    最近、外来の患者待合等で医師を待っているMRさんが見受けられるようですので、医師との面談はルールどおり「面談コーナー」で行うようにして下さい。もし、そのような場面を見かけられた時には、お互いに注意喚起していただければ幸いです。
    なお、「面談コーナー」は、MRさん同士の打合せ等にお使いいただいてかまいません。

診療科・部門一覧に戻る