ページの先頭へ

看護師を目指す方へ

専門分野で活躍する看護師たち

認定看護師について

現在、10分野の認定看護師が在籍しており、院内・院外の活動を行っております。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師  岩島 知子  石橋 希美

 2名の感染管理認定看護師が専従と兼任で活動しています。
感染の状況を調査し改善を図るためのサーベイランスや、院内のラウンド、研修会の実施、コンサルテーション、マニュアル作成などを行い、感染対策の充実をはかっています。院内のすべての人を感染から守ることを目的に、各部門の協力を得ながら組織横断的な活動をすすめています。

感染管理

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師  田中 愛美 西連寺 幸子

 救急看護認定看護師は病院前、病院内、災害現場と様々な場で活動しています。救急・重症患者・家族を対象に専門的な知識や技術を提供したり、研修の開催、実践の現場での指導や相談を受けたりすることで看護師の救急看護に関するスキルアップを支援しています。
 実際の活動として、災害に関することや人工呼吸器に関する勉強会の開催や看護学校での講師、急変時の振り返りや救急カートの院内統一、介護施設での勉強会の講師などの活動をしています。

救急看護

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師  鈴木 久美子

 当院には、主に入院中の患者さんとそのご家族に対し、苦痛な症状を緩和する専門のチーム「緩和ケアチーム」によるサポートが受けられる体制があります。緩和ケア認定看護師がチームの専従看護師として中心となり、ラウンドを行うなどして活動しています。そして、緩和ケア認定看護師として、患者さんとご家族の苦痛をできるだけ緩和し、生活の質を向上できるよう努めています。また、苦痛を抱える患者さんとご家族へのケアについて、医師や看護師から相談を受けたり、院内の看護師対象に「緩和ケア」に関する勉強会を開催するなどしています。
 緩和ケア認定看護師として、患者さんとご家族の「その人らしさ」を大切にし、患者さんとご家族の傍らに寄り添ったケアを提供できるよう心がけています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師  村澤 美幸

 皮膚・排泄ケアとは、褥瘡(床ずれ)などの創傷や、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)造設、失禁に伴い生じる問題のアセスメントやケアについて指導や実際にケアを提供する看護です。
 患者さんを中心に考えたスキンケア、排泄ケアを患者さんやご家族に提供できるように頑張りたいと思います。

摂食嚥下看護認定看護師

摂食嚥下看護認定看護師 永山 愛子

 現在は栄養サポートチーム(NST)に所属し、耳鼻科医師・言語聴覚士・栄養士・薬剤師など多職種と連携しながら検査やカンファレンスを行い患者さんにあったお食事が提供できるように活動しています。お口から食べることができていない患者さんでも、本当に食べられないのか?何か食べられるものはないか?食べるための方法はないのか?患者さんの「食べたい」という気持ちにこたえる看護を日々考え、主治医の先生や病棟の看護師と協働しています。今後も摂食嚥下障害看護認定看護師として、患者さんと家族の「食べたいを支える看護」をモットーにチームの皆と一緒に活動していきたいと思います。

摂食嚥下看護

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師  細谷 恵美

平成23年4月に当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されました。
当院では、年間7500件程度の化学療法が施行されています。
平成24年10月から、がんと向き合いながら生活される患者さんやご家族の皆様に対して、専門領域の看護師が支援していく看護外来が開設されました。がん化学療法看護認定看護師としてがんの告知から同席し、治療に関する意思決定支援、化学療法に対する不安の緩和、副作用対策支援を行っています。安心して治療をうけることができ、自宅での生活が「その人らしく」送ることができるよう医師や薬剤師、病棟スタッフやコメディカルの方々と協力しながら、苦痛の緩和に努めています。また、一人でも多くの患者さんを支えることができるよう、院内看護師への勉強会も開催しています。化学療法を継続することは決して容易いものではありませんが、患者さんとご家族の苦痛に対し一番の理解者でありたいと願い活動しています。

がん化学療法看護

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師  木村 梨奈

 がんの告知の場面から同席し、患者さんやご家族が抱えているがんによる身体の痛みや心のつらさへのアセスメント、薬剤評価や精神的ケア、意思決定支援を行っています。
緩和ケアチームとして多職種と連携して複雑な苦痛が緩和されるよう関わっています。外来や病棟などで患者さん自身が家族や大切な人と笑顔で過ごし、好きなことを楽しみ穏やかな時間を過ごす事ができるように日々努めています。

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師  橋本 真紀

 認知症の方は、入院に伴う環境の変化や身体合併症による体調の不調から、認知症の症状の悪化や療養生活において不安、混乱を招いてしまうことがあります。
 当院では、平成28年に「認知症ケアサポートチーム」を発足し、スタッフと協力し認知症の症状やせん妄へのケアアドバイスやご家族の心理的支援などを行っています。
 また、生活リズムが整えられるよう働きかけ、安全で本人が望むような環境で生活できるよう心がけています。

認知症看護

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  箱崎 克徳

 私は現在、脳外科病棟に勤務しています。自部署を拠点に病棟内での勉強会を中心に認定看護師としての活動を行っています。
 脳卒中は突然に発症して、今後の生活に影響する障害を残すことが多い疾患であり、現在の日本においても、寝たきりや要介護となる一番の要因です。
そのため、患者さんと御家族の思いに寄り添い、患者さんと御家族の望む生活を困難にさせている原因は何であるのかをともに考え、多職種を含む医療スタッフで協働して支援していきたいと考えています。

手術看護認定看護師

手術看護認定看護師  飯塚 由記

 現在は手術医療の進歩により高齢でハイリスク患者の手術が増加し、また入院期間短縮・医療費削減などに向け、手術室看護師も周術期チームの一員として患者の退院後を見据えた術前からの看護介入が求められています。また様々な国籍の患者さん、例えば文化や言語が違っていても‘安全安楽安心で質の高い看護‘がゴールであることは変わりありません。当院では術前外来を開設し、麻酔科医師、薬剤師と共に手術が決定した外来から患者さんへの手術医療の介入が始まります。必要に応じて、他分野の認定看護師と連携し患者さんに合った看護計画を立案しています。真面目で熱くそして温かな想いやりのある手術看護が提供できるよう取り組んでいきたいと思います。

手術看護認定看護師