学校長挨拶

 水戸医療センター附属桜の郷看護学校ホームページにアクセスありがとうございます。
本校は平成17年4月に水戸医療センター附属看護学校と霞ヶ浦医療センター附属看護学校が統合し、一学年80名の大型校として開校致しました。本校の教育環境の良さは周知のとおりで 校舎は水戸医療センターの敷地内にあり講義や実習の強力なサポートを受けています。また、すでに800名近くの卒業生を医療現場に送り出しており、現在 水戸医療センターをはじめ国立病院機構の多くの病院で中心的看護師として活躍しています。

 一方 本校は未来的思考としてより高度な看護教育を目指し4年制の大学に移行することを決定しました。今後ますます発展させていく所存です。

 今後とも 水戸医療センター附属桜の郷看護学校をよろしくお願い申し上げます。

校長学校長   山口高史