ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

皮膚科

医 長 川喜田 遥香

<皮膚科診療について>
赤ちゃんからご高齢の方まで、体の表面の病変は、全て皮膚科の対象となります。
当科外来では、皮膚疾患についての丁寧な説明と、治療方法の選択肢を提示し、ご希望に添った医療を提供できるよう心がけております。

対象となる部位 皮膚全般
粘膜部位(口腔内、陰部の外から見える範囲)
爪、毛髪
対象となる疾患

湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、かぶれ、虫刺され など)
じんま疹
薬疹

皮膚感染症 細菌性(とびひ、おでき など)
         真菌性(水虫、カンジダ症 など)
         ウイルス性(帯状疱疹、口唇ヘルペス、いぼ など)
         性感染症(性器ヘルペス、尖圭コンジローマ など)
皮膚腫瘍
熱傷(やけど 基本的に外来治療が可能な中~軽症のもの
    *重症な場合は、当院救命救急センターの対象となります
褥瘡(床ずれ)
その他、皮膚病変全般

診療内容

軟膏処置、創傷処置
円形脱毛症に対する局所療法
液体窒素による凍結療法(ウイルス性いぼ、老人性いぼ など)


皮膚科的検査 パッチテスト(金属アレルギー など)
          皮膚生検(病理学的診断検査)

 

 *症状に応じて、当院の他診療科との併診を行っております。
 *自費診療、美容は行っておりません(ピアス孔形成、ケミカルピーリング、レーザー治療など)。
 *皮膚悪性腫瘍の集学的治療に関しては、当院では対応困難なため

   大学病院等へご紹介しております。

診療科・部門一覧に戻る