ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

耳鼻咽喉科

病棟部長 瀬成田 雅光
医 師 吉村 知倫
医 師 宮島 義明
レジデント 中川 博人

  耳鼻咽喉科は耳・鼻・のどといった感覚器を扱う診療科で、発生する疾患は極めて多彩です。何か変だなと思ったら気軽にご相談いただけると幸いです。また別名頭頚部外科とも呼ばれ、悪性腫瘍の診断・治療も行います。我々も手術、放射線、化学療法から最適な治療法を選択し、積極的に治療に取り組んでいます。
 部長の瀬成田が赴任してから約18年が経過し、その間の頭頸部悪性腫瘍新規取り扱い患者数は1000名を超えました。年間手術件数約300例のうち、悪性腫瘍関連手術は約50~60件です。

対応疾患

1) 難聴・めまいの診断・治療
2) 鼻科手術(最近はほとんどの手術を内視鏡下に施行)
3) 頭頚部癌の診断・治療
4) 嚥下障害の診断・治療(週1回の嚥下外来あり)
5) その他耳鼻咽喉科一般
 ★小児科常勤医が不在のため、小学生以下は入院、手術を行っておりません。

治療実績(手術室 一部重複あり)
 
平成29年度
平成30年度
     
1) 耳科手術
2例
 
2例
 
2) 鼻科手術
136例
(悪性1例)
129例
 
3) 口腔手術
32例
(悪性27例)
40例
(悪性30例)
4) 咽頭・扁桃手術
21例
(悪性2例)
28例
(悪性4例)
5) 喉頭・気管手術
72例
 
74例
(悪性3例)
6) 甲状腺手術
15例
(悪性8例)
14例
(悪性10例)
7) 唾液腺手術
47例
(悪性8例)
26例
(悪性3例)
8) 頸部手術
58例
(頸部郭清28側)
56例
(頸部郭清26側)
9) 誤嚥防止手術
2例
 
1例
 

診療科・部門一覧に戻る