ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

呼吸器科

副院長 遠藤 健夫
医長 箭内 英俊
健康管理室医長 太田 恭子
医 師 沼田 岳士
専攻医 髙瀬 志穂/岡田 悠太/山崎 健斗
治療方針

 患者さんへのインフォームド・コンセントをもとに、ヒューマニズムを重視し、外科・放射線科・病理をはじめ他の診療科と密接な連携を保ち、適切な診断・治療に努めています。

対応疾患

呼吸器疾患全般を対象としており、肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、過敏性肺臓炎、気管支拡張症、肺炎・胸膜炎などの感染症、自然気胸など多岐にわたっています。なお、睡眠時無呼吸症候群に関しては、現在検査を休止しております。

治療実績

2021年度(2021年 4月~2022年 3月) 診療実績
外来診療数:67.5 人/日
入院患者数:85.2 人/日

入院患者の主要疾患
肺癌(縦隔腫瘍、結節影精査等を含む)             796例
肺炎(ARDS等を含む)                     178例
間質性肺炎(特発性,膠原病肺,その他びまん性肺疾患を含む)  116例
COVID-19                            82例
気管支喘息                            37例
COPD                               33例
胸膜疾患(胸膜炎,膿胸,胸膜中皮腫,胸水精査)          38例
気胸,縦隔気腫                          40例
抗酸菌症                             22例
肺アスペルギルス症(ABPA含む)                  9例
サルコイドーシス                         10例
その他                              51例

気管支鏡検査:366 件/年  (うち超音波内視鏡:166 件/年)
局所麻酔下胸腔鏡検査:19 件/年

検査のご紹介

CT、MRI、核医学検査、精密呼吸機能検査、気管支鏡検査、気管支超音波内視鏡検査、局所麻酔下胸腔鏡検査など。

入院診療について

 救命救急センターを併設しているため重症肺炎、気管支喘息重症発作など呼吸器系救急疾患に24時間対応しています。呼吸不全の治療に際しては、適応を選び非侵襲的人工呼吸器を使用し、できるだけ苦痛の少ない治療に心掛けています。また、肺癌に対しては手術適応例は手術、非適応例はEBMおよびインフォームド・コンセントのもとに化学療法、放射線治療を施行しています。びまん性肺疾患に関しては、適応を慎重に検討し、気管支肺胞洗浄、経気管支肺生検、胸腔鏡下肺生検を実施し、正確な診断・治療に努めています。気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の診断には、呼気一酸化窒素濃度測定(FeNO)、モストグラフ等最新の肺機能検査機器を導入し、正確な診断、治療効果評価を行っています。

診療科・部門一覧に戻る