ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

内科・循環器科

医 長 小泉 智三
医 師 中山 明人/田畑 文昌/伊藤 雄太/丸田 俊介/南 健太郎

  当院の循環器内科は、急性心不全、急性心筋梗塞、不整脈等の循環器救急疾患に平日はもとより夜間、休日も24時間体制で対応しております。また、慢性心不全、狭心症、心臓弁膜症、高血圧、不整脈、脂質異常症に対する至適薬物療法や、閉塞性動脈硬化症など慢性心血管病の精密検査、カテーテル治療も積極的に行っております。また、成人の先天性心疾患患者さんの外来経過観察にも対応しております。重症心不全患者、難治性不整脈等については、筑波大学附属病院循環器内科と連携しており、適宜デバイス治療などにも対応していただいております。
  原因が明らかでない胸部症状の患者さんや、健康診断での心電図異常、心雑音などの患者さんでも、躊躇なくご紹介下さい(地域連携室)。また、運動負荷心電図、冠動脈CTや心臓核医学検査、心臓MRIなど外来での画像診断も多く対応しておりますので、ご紹介のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

血管造影CT検査
外来で冠動脈造影CT検査で非侵襲的に冠動脈の狭窄を評価しています。 外来で下肢動脈造影を行い、閉塞性動脈硬化症の精密検査を行っております。

治療方針

 急性心筋梗塞は、時間との勝負です。できるだけ早く閉塞冠動脈を再疎通させて、少しでも多く心筋を助けること=心筋保護、これが大切です。またできるならば、心筋梗塞になる前の受診が望ましいのです。予防にまさる治療はありません。胸痛、胸部圧迫感等の胸部症状あるときは、迷うことなく、躊躇せずに受診ください。当科で重視する治療方針は、救命率向上、QOL(生活の質)考慮、EBM(実証医学)尊重です。

対象疾患

心不全
 高齢化社会に入り、心不全患者は増加傾向にあります。当院では、心不全に対する早期診断と、入退院を繰り返す難治性心不全の加療に積極的に取り組んでいます。院内で心不全カンファレンスも立ち上げ、医師、コメディカルと連携して心不全の管理を定期的に検討し治療方針を決定しております。心臓リハビリテーションにより、心不全患者に対して、運動指導、生活指導、薬物指導、栄養指導など、専門的に包括的アプローチを行い、患者の生活の質の向上に取り組んでいます。重症心不全では各種至適薬物治療はもちろんのこと、難治性の場合は適応を充分に検討した上で、筑波大学と連携してペーシング治療や、僧帽弁クリッピングなども視野に入れたデバイスによる治療も行っていただいております。また、当院には、緩和ケア病棟もあり、高齢化社会を見据えて末期心不全患者については、緩和ケアにも対応しております。

虚血性心疾患:狭心症、心筋梗塞
 急性冠症候群に対する緊急冠動脈カテーテルインターベンション(経皮的冠動脈形成術:PCI)を24時間体制で積極的に行っております。また、安定狭心症に対する治療については、日本循環器学会のガイドラインに則り、負荷心電図、負荷心筋シンチや、冠動脈造影時にプレッシャーワイヤーによる心筋虚血の評価を行い、至適薬物療法に加えて、待機的PCIの適応を決定しております。



当院のPCIは熟練した専門医が対応し安全に根拠に基づいた治療を心がけております。


心臓弁膜症
 患者さんの高齢化に伴い、高齢者の心臓弁膜症が増加してきております。当院では、心臓血管外科で弁置換術を行っております。しかし、最近一部の弁膜症を手術でなく(胸部を開けないで)カテーテルで治療できるようになってきております。当院でも心臓血管外科と協力し、大動脈弁狭窄症の患者さんの高齢で手術が体力的にも困難な患者さんに対して、カテーテルで大動脈弁の治療が近い将来できるよう準備を進めております。また、僧帽弁閉鎖不全症についても、最新の治療としてMitral Clip という カテーテルで僧帽弁閉鎖不全の逆流血流を軽減する治療を筑波大学循環器内科で始めており、適応のある患者さんは連携し、紹介し治療していただきます。他、僧帽弁狭窄症については、手術も行えますし、当院では、カテーテルで経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)による治療も熟練した医師が行っております。僧帽弁狭窄症を他県からもご紹介いただきPTMCで加療することもあります。
 心雑音の患者様がいらしましたら遠慮なく当院をご紹介ください。

末梢血管疾患
 動脈硬化による末梢血管疾患に対する治療の需要が増加しております。当院では下肢閉塞性動脈硬化症に対して積極的にカテーテル治療、当院血管外科とも協力して必要に応じバイパス術を行っております。

不整脈
 当院では、徐脈性不整脈に対して、ペースメーカー植え込み術を行い、頻脈性不整脈に対しては、薬物療法、必要に応じ電気的除細動を行っております。適宜、経食道心エコーを行い、除細動の前に心内血栓の有無を確認し、できるだけ脳卒中の危険低減を試みております。頻脈性不整脈に対し、カテーテルアブレーションが必要な際は、筑波大学や関連病院へ紹介しております。

文責:小泉智三

治療実績(2017年1月1日~2017年12月31日)

心臓カテーテル検査・・・840例
冠動脈インターベンション・・・290例
成功率・・・約98% 主要合併症・・・2%
心原性ショック例に対する治症をのぞくと死亡率0.3%(通常 は0.5~1%)
経皮経静脈的僧帽弁交連切開術・・・ 1例

統計(前年度 循環器 入院患者疾患内訳)

虚血性心疾患・・・・・約50% 、心不全・・・・・・・・約40%
不整脈・・・・・・・・約5%、先天性心疾患・・・・・約1%
その他・・・・・・・・約4%

治療のご紹介

当科の特色は、冠動脈インターベンションです。
狭心症に対しては、狭窄冠動脈を拡げ、ステントを留置します。
発症後12時間まで(なるべくは6時間以内)の急性心筋梗塞に対しては、可能ならば緊急冠動脈インターベンション、場合によっては血栓溶解術を施行いたします。
急性心筋梗塞入院後死亡率約7パーセントです。(高齢者、心肺蘇生後症例等に多い)
発症後短時間であればあるだけ心筋がサルベージされて救命率が上がります。
僧帽弁狭窄症に対する経皮経静脈的僧帽弁交連切開術(カテーテル治療)
閉鎖性動脈硬化症に対する(カテーテル治療)
なども多数おこなっています。
労作時の胸部不快のある方、歩行時の痛みのある方は一度ご相談下さい。

検査のご紹介(検査ご依頼に関しましては、最短で対処いたしております。)

心臓カテーテル検査(火曜日.木曜日)
ヒス束心電図等電気生理検査(EPS)(火曜日.木曜日)
MRI,MRA
CT
心筋シンチグラム
心エコー(月曜日~金曜日)
トレッドミルテスト(金曜日)
ホルター心電図(月曜日~金曜日)

医療設備

上述の検査・治療に必要な最先端医療機器を備えています。
心臓カテーテル検査装置は、2015年より新しいシステムが稼働しており。
造影剤使用の少ない、より低被ばくでの検査が可能となっています。

診療科・部門一覧に戻る