ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

神経内科・言語治療室

外来部長 吉沢 和朗
神経内科医長 田代 裕一
神経内科医師 井岡 桂
神経内科医師 相澤 哲史
言語聴覚士 若狹 枝乃
言語聴覚士 米原 万智
言語聴覚士 篠田 克己
言語聴覚士(非常勤) 吉田 眞由美
救命救急センターを併設する総合病院にある神経内科として、すべての神経・筋疾患を対象にしています。夜間・休日もある程度の初期検査が可能であり、小回りの利く迅速な対応を目指しています。
対象疾患

 大脳から筋肉に至るいわゆる神経系の器質的・機能的異常に基づく諸症状に対応しています。脳血管の異常に基づく脳血管障害に関しては主に脳神経外科が対応しています。
心因性・精神的な異常に基づく諸症状については精神科への受診をお願いします。

治療実績

 外来はパーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症などのいわゆる神経・筋難病が約60%、その他は認知症、てんかん、脊椎疾患、末梢神経障害、脳血管障害などです。入院は前記諸疾患の急性期や合併症併発時に、髄膜炎や脳炎などの感染症、プリオン病、原因不明の意識障害、全身疾患に伴う神経症状などが加わります。

実施可能な検査

 画像診断としてはMRI、CT、核医学検査、生理検査としては脳波検査、筋電図検査、誘発電位検査、その他各種知能検査、神経心理検査が可能です。

入院診療について

  急性期病院の一診療科としての位置づけですので、療養目的の入院は受付けておりませんが、在宅療養中の各種神経難病等の患者さんのレスパイト入院は随時受付けております。
  また、どのような神経難病であっても在宅療養が可能となるような支援体制の構築に関しては、近隣の医師会や訪問看護ステーション、介護支援センターなどとの協力・連絡体制のもと、最大限のご提案ご協力が可能です。

お問い合わせ

こちらのメールアドレス宛てにお問合せください。
shinkeinaikayoyaku@yahoo.co.jp

診療科・部門一覧に戻る