ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

全身麻酔・局所麻酔

全身麻酔の場合
(1)麻酔をはじめます

photo  鼻と口にマスクを当てて酸素を吸っていただきます。
 きもちをゆったりとさせてゆっくり呼吸をしてください。
 意識をなくすためのお薬を点滴からいれると、いつの間にか眠ってしまいます。

(2)気管に管を挿入します

photo  酸素の通り道を確保するために、口からチューブを挿入します。
 その際、弱い歯やグラグラしている歯があるときには、歯が欠けたり抜けたりするすることがありますので、手術前にあらかじめお申し出ください。

(3)手術が行われます

photo  手術中は、担当麻酔科医が患者さんの状態と手術の進行状況をみながら、麻酔の深さや人工呼吸の条件を適切に調節して、最適の麻酔状態を保ちます。

局所麻酔の場合
硬膜外麻酔

イメージ  硬膜外麻酔は、脊椎(背骨)の中にある脊髄のすぐ近くの硬膜外腔という場所に、局所麻酔薬をいれて、手術部位の痛みを無くす、あるいは軽くする麻酔法です。
 硬膜外麻酔の流れは次のページに書いてあります。
→硬膜外麻酔について

脊髄くも膜下麻酔

イメージ  脊髄くも膜下麻酔では、細い針を使って脊髄液が満たされている場所に局所麻酔薬をいれ、脊髄を麻痺させます。  この麻酔が効いている間(3~6時間)は、感覚がなくなり、足を動かせなくなります。
 体位や消毒方法、最初の痛み止めの注射は硬膜外麻酔の場合と同じ方法です。
 麻酔の効き目を確かめてから、手術が始まります。

麻酔科に戻る